main-1
main-2
main-3

特定技能外国人
自社に迎え入れて
より活気あふれる会社を
目指しませんか?

特定技能外国人の採用・サポートは、
Roadコンサルティングにお任せください
はじめての外国人雇用でも、
スタートから丁寧にサポートします

こんなお悩みありませんか?

  • 人材を確保したいが、働き手がなかなか見つからない
  • 求人広告を出しても成果が出ず、広告費がもったいない
  • 苦労して採用しても、従業員がすぐに辞めてしまう
  • 外国人の雇用を考え始めているけど、手続きが大変そう
  • 外国人と一緒に働くとなると、文化の違いやコミュニケーションで苦労しそう

特定技能外国人とは

人口減少や少子高齢化による労働人口減少に伴って、日本は深刻な労働力不足に陥っており、一部の産業や中小企業の人材確保は困難を極め、早急な対策が求められています。
2070年には、総人口が9,000万まで減少し、2.6人に1人が65歳以上になると推定されています。(※1) そういった人材の確保が困難な状況に対応するため、一定の専門性・技能を有し、即戦力となる外国人材を労働者として迎え入れる新たな在留資格「特定技能」が作られ、2019年4月より受入が開始されました。

※1. 引用:内閣府「令和5年版高齢社会白書」

特定技能の特徴

日本で働くことができる他の在留資格よりも、資格が取得しやすい

採用から就労開始までが、技能実習に比べて早い

日本語レベルが比較的高く、各業種の技能・知識も有している外国人が対象となるため、即戦力になりやすい。

業務内容の縛りがさほど厳しくないため、技能実習に比べて幅広い業務を担当してもらうことができる。

登録支援機関とは

登録支援機関とは、特定技能1号の外国人を受け入れた企業から委託を受けて外国人の支援を行う、出入国管理局から認定を受けた外国人サポートのスペシャリストのことです。

特定技能外国人の支援を
登録支援機関に委託するメリット

外国人受入れを行う企業は、特定技能外国人に対して業務や日常生活を円滑に行えるように「支援計画の作成」や、政府が定めた「義務的支援10項目の実施」などが求められます。すべて自社でまかなうことも可能ですが、通常業務と並行して特定技能外国人を支援することは非常に大変です。そのような中、出入国管理局から認定を受けた「登録支援機関」に支援を委託すると、以下のようなメリットがあります。

  • 企業担当者様は業務を教えることだけに集中できる
  • 支援にかかる手間を削減することができる
  • 外国人の生活・成長支援に関する経験豊富なスタッフのサポートにより日本に早期に適応する
  • 日本語教育を通じて、日本語能力が向上することで、職場で働く仲間との関係が深まる
  • レクリエーション等を通じて地域などとのつながりを深めることで、企業への定着化につながる

特定技能外国人に対して、
受入企業は10の支援を行う義務があります

最長5年間日本で就労することができる特定技能1号外国人を雇用すると、受入企業には「10の支援」を実施する義務が発生します。義務的支援として定められているのは、以下の10項目です。
※「特定技能2号」に移行すると10の支援の義務は無くなります。

①事前ガイダンス

在留資格認定証明書交付申請前又は在留資格変更許可申請前に、労働条件・活動内容・入国手続・保証金徴収の有無等について、対面・テレビ電話等で説明

②出入国する際の送迎

入国時に空港等と事業所又は住居への送迎
帰国時に空港の保安検査場までの送迎・同行

③住居確保・生活に必要な契約支援

連帯保証人になる・社宅を提供する等
銀行口座等の開設・携帯電話やライフラインの契約等を
案内・各手続の補助

④生活オリエンテーション

円滑に社会生活を営めるよう日本のルールやマナー、
公共機関の利用方法や連絡先、災害時の対応等の説明

⑤公的手続等への同行

必要に応じ住居地・社会保障・税などの手続の同行
書類作成の補助

⑥日本語学習の機会の提供

日本語教室等の入学案内
日本語学習教材の情報提供等

⑦相談・苦情への対応

職場や生活上の相談・苦情等について、外国人が十分に理解することができる言語での対応、内容に応じた必要な助言、指導等

⑧日本人との交流促進

自治会等の地域住民との交流の場や、
地域のお祭りなどの行事の案内や、参加の補助等

⑨転職支援(人員整理等の場合)

受入れ側の都合により雇用契約を解除する場合の転職先を探す手伝いや推薦状の作成等に加え、求職活動を行うための有給休暇の付与や必要な行政手続の情報の提供

⑩定期的な面談・行政機関への通報

支援責任者等が外国人及びその上司等と
定期的(3か月に1回以上)に面談し、
労働基準法違反等があれば通報

Roadコンサルティングだからできること

特徴1外国人サポート事業『富士山メソッドプロジェクト』を運営

Roadコンサルティングは「富士山の麓でみんなが幸せになる!」をスローガンとして、静岡県で働く外国人(技能実習生)本人と受入企業様のサポートや、日本語教育などを行う『富士山メソッドプロジェクト』を運営しています。
当社は地域に根ざし、義務的支援10項目の実施はもちろんのこと、地道な支援を積み重ねることで、外国人一人ひとりと信頼関係を築いていくことを大切にしています。企業様と特定技能外国人に対して誠実に丁寧なサポートを行います。

企業様への「定期的な訪問」を通じて、外国人に関するお悩みなどに伴走

キャリアコンサルタントや教員経験者による、外国人に対するきめ細やかな「面談」の実施

複数の日本語教師による「日本語教室」の実施

日本や地域の文化を知り、地域との交流が深まるオリジナルの「レクリエーション」の実施 など

弊社が運営する「富士山メソッドプロジェクト」の活動については、ぜひこちらをご覧ください

特徴2外国人雇用に関する専門家との充実した連携

当社代表が経営する社会保険労務士と提携しているため、お困りごとを専門家がワンストップでスピーディーに対応します。 また、外国人雇用に関して実績のある行政書士・税理士・外国人送り出し機関等とパートナーシップを組んでおり、外国人雇用に伴う各種手続きや採用、契約、トラブルに対して的確で誠実な対応をすることができます。

特定技能外国人受入れの流れ

①~⑦までにかかる期間は、外国人の滞在地等によって異なりますが、おおよそ3~6か月程度です。

外国人雇用に関するよくあるご質問

特定技能外国人の雇用をしたいのですが、外国人が所持しなければならない資格はありますか?

対象の業種の技能試験と日本語能力試験(通常は日本語能力試験(JLPT)N4以上)に合格していることが必要となります。

特定技能外国人とは、日本人とは異なる特別な雇用契約を結ぶ必要がありますか?

特定技能外国人の滞在期間はどのくらいですか?

日本語でのコミュニケーションがうまく取れるか心配です。どのくらい日本語が通じますか?

特定技能外国人の家族は一緒に日本に住むことができますか?

初めての特定技能の採用です。費用はどのくらいかかりますか。

特定技能外国人に関する
問い合わせ・資料請求

特定技能外国人の採用・サポートは、Roadコンサルティングにお任せください
はじめての外国人雇用でも、スタートから丁寧にサポートします

お電話でのお問い合わせ

【受付時間】
平日 8:30~16:30

0545-88-2701

メールで無料相談

24時間 365日
お気軽にお問い合わせください

メールフォーム

資料請求

簡単1分でお申し込み!
無料で資料をお届けします

資料請求お申し込み