Road News10月号

Road News

いつも大変お世話になっております。
Road News10月号をお届けします。
お時間がある時にご覧頂けましたら幸いです。

10月に入り、少し寒さを感じるようになりました。
先日は富士山が初冠雪した姿を眺めることができました。これから冬に向けて自然界は大きな変化を遂げていくと思います。また、それと同時に、目まぐるしく変化する時代の中で、今年も変わらずに初冠雪した富士山を拝むことができて、ほっとした気持ちにもなりました。

視点を企業経営に移しますと、富士市・静岡市を中心に顧問先企業様を訪問させて頂いていますが、人材に関する問題が深刻化していると実感しています。
問題に対する打開策として、人材を確保するために外国人を迎え入れる準備を進めている企業様もあります。また、採用した人材の定着化を図り、育成していくための研修制度・評価制度・賃金制度について検討を行う企業様もございます。

当社としても効果的な打開策をご提案できるよう努めてまいります。
しかし、どんなに素晴らしい打開策という「種」を蒔いたところで、企業風土という「土壌」の状態が悪かったら上手く育てることはできないとも感じています。

企業風土はすぐに変えられるものではありませんが、経営理念を社員様と共有し、それに沿った活動を日々続けていけば、必ずや少しずつ変えられるものだと信じています。

長期と短期の両方の視点を持ち、企業様の人事や労務に関する支援を行ってまいります。
今月もよろしくお願い申し上げます。

大道 和哉