富士山メソッドプロジェクト レクリエーション実施レポート

レポート 外国人支援

9月25日(日)に外国人技能実習生(以下実習生)6名と「富士山メソッドプロジェクト レクリエーション」を実施致しました。
レクリエーションを担当致しました大道桂三より、当日の様子を報告させて頂きます。

≪レクリエーションの目的≫

少しだけレクリエーション実施の目的についてご紹介させて頂きます。

【富士山メソッドプロジェクト】は「富士山の麓でみんなが幸せになる!」をスローガンとし、遠くミャンマーから富士市に来た実習生の皆様が、富士に来て良かったと、物心両面で豊かになって頂くためのサポートをするプロジェクトです。

物心両面で豊かになって頂くためには、休日の過ごし方も重要です。私達日本人も休日に充実した時間を過ごすことで、「来週も仕事を頑張ろう!」と気力が湧いてきます。実習生の皆様にも、同じように休日に充実した時間を過ごして頂くことを目的として、レクリエーションを毎月1回ずつ実施致します。今回は記念すべき第1回目のレクリエーションとなります。

≪レクリエーションの様子≫

レクリエーション当日の様子を時系列にお伝えさせて頂きます。

9:30 Roadコンサルティング事務所を出発。
10:00 田子の浦仏舎利塔・富士塚 見学
ミャンマーは国民の約9割の方が仏教を信仰している仏教国ですので、実習生と関連のある田子の浦仏舎利塔を見学。

富士市と言えば、日本一高い山富士山があります。
富士山登山の出発地点である「富士塚」を見学。

11:00-13:00 田子の浦みなと公園 自由時間・昼食

実習生の皆様にどこに行きたいか質問したところ、全員一致で「海」をリクエストされましたので、田子の浦みなと公園に行きました。
お弁当を各自持参し、公園でシートを敷き、ピクニック気分で昼食を食べました。

13:00-15:00 Road事務所

昼食後はRoad事務所にて、①次回以降のレクリエーション作戦会議、②紙バンド教室、③プロジェクトスタッフより服のプレゼントをしました。

帰りの送迎時には実習生から、「凄く楽しかったです!来週もレクリエーションやりましょう!」「もっと日本の有名な場所に行って、沢山記念写真を撮りたい!」「帰った後は、頂いた服を着てファッションショーします!」と当日の感想を沢山話してくれました。

≪レクリエーションを終えて≫

国籍が違っても楽しい・嬉しいと思えることは同じであると感じました。

実際にレクリエーションの際も、昼食時に仲間と美味しいごはんを食べている時、服のプレゼントを頂いた時等、私達でも嬉しいと思えることを、実習生達も同じように嬉しく思っている状況が表情や言動が伝わってきました。

当たり前の事ですが、嬉しい・楽しいと思える場面が多くなることで心が豊かになり、日常の生活も安定してくると私は思います。

遠くミャンマーから富士市に来て、楽しみもあれば、慣れない環境で不安もあるかと思います。

少しでも、富士市に来て良かったと実習生の皆様に思って頂けるように、次回以降のレクリエーションも継続して実施し、実習生の心が豊かになるように精一杯取り組んでまいります。

最後になりますが、レクリエーションにご協力頂きました皆様に心より感謝申し上げます。

大道 桂三